知っておきたい採用管理システムのあれこれ

企業を経営していくうえで重要なポイントとなるのが採用です。近年は人材不足ですので採用にかなりの時間をかけて人を集めている会社も多いでしょう。特に新卒採用は応募者も多く、情報の整理やスケジュール調整に四苦八苦することもあるでしょう。人事部門への負担が大きくなっているのではないでしょうか。苦労してせっかく採用しても新入社員が会社の体質に合わずにすぐに辞めてしまうこともあります。ミスマッチは大きな企業ほど発生しやすい問題で、採用にかけた費用、教育にかかった時間などを無駄にしてしまいますので是非とも防ぎたいところです。そのような問題に対応するためには採用管理システムを導入するといいでしょう。導入すればかかった人材確保にかかっていた費用や人手を大幅に少なくできるでしょう。

人事部の時間と費用を節約するための機能

採用管理システムには様々な情報を。一括管理できるようになっています。最も重要になるのは応募者個人の情報です。筆記テストの成績、履歴書の内容などの情報を管理できます。面接をした際の印象なども入力して共有することができます。そのほかにも求人サイトと連携することも可能ですし、面接のスケジュール管理も可能になりますそのような機能を使っていると自然と人事担当者の時間を節約することができるでしょう。どんな情報を入力するにも、フォームが定型になっているだけで素早くできるようになります。他の人事担当者との情報共有も可能ですので申し送りに必要な時間も節約できます。データ整理にかかっていた時間を少なくすることで、面接や応募者の選別にかける時間を多くすることも可能です。

面接の質をアップさせるための機能

面接とは企業が応募者を選定するだけではなく、応募者も企業を選定しています。そのため、面接やその他の部分でいい印象を持ってもらわなければいけません。一人の学生が複数の内定をもらっているケースも多いですので、内定を出した人には是非とも入社してほしいものです。例えば応募者の細かい情報を登録しておくと、どの面接官が一番相性いいかが分かります。面接で話が弾むとその企業に入社したくなるものです。また、面接以外の連絡でもいい印象を持ってもらうことができます。例えばメールの問い合わせを放置していれば信頼は下がってしまいます。応募者とのメールのやりとりをシステム上で行うと、応募者ごとにメールの管理ができますので、返信のし忘れがありません。採用管理システムを使うと、各々の応募者に対して適切な対応ができるようになるのがメリットです。一人一人を大切にしているという印象を与えることができるでしょう。