知っておきたい採用管理システム

会社の経費の中で、最も重要でその管理が難しいが人件費です。会社の業績を向上させるためには、育成分を含めて、必要な経費であることは間違いありませんが、そこに成果が伴わないと会社経営は成り立ちません。すなわち、会社にとって優秀な人材を確保することこそが、無駄な経費を使わず、高い業績を上げる近道です。そこで、会社の人事部門においては、優秀な人材を確保するために、様々な求人媒体に広告を出講し、求人を募っていますが、労働人口そのものが減少している状況下では、全てが上手くいくというわけではなく、採用業務に追われているのが現状です。採用管理システムは、こういった人事部門の課題を克服するために、採用業務をシステム化することで、大幅に事務の効率化を図るものであり、優秀な人材の確保を目指す会社にとって必要不可欠なツールです。

採用管理システムの導入目的と概要

人事部門において、採用業務は非常に大切な仕事の一つであり、最も戦略が必要とされていますが、中途採用が増えたことにより、その採用業務に追われ、戦略にまで手が回らないというのが実態です。採用業務のシステム化は、できるだけ簡単な事務手続きはシステムに任せ、採用担当者はデータ分析に基づく戦略を構築していくのが目的です。採用業務は、募集、選考試験、評価、内定通知、採用通知といった過程に区別され、それぞれに担当部署もしくは担当者が分業で取り運んでいますから、一つのデータベースを基に、情報共有していくことをコンセプトにシステム開発が進められています。また、応募者に対する、事務連絡などは自動でメールが送信される仕組みを取り入れることで、全体作業の一括管理と単純作業を自動で行うことを実現させています。

採用管理システムの効果的な活用方法

システム化は採用業務の効率化に加え、応募者の選考状況をデータベース化することで、優秀な人材を確保するための様々なデータ分析にも使用されています。例えば、求人媒体によって、合格者数に偏りがあれば、合格者の少ない求人媒体への広告出稿を見合わせ、宣伝経費の削減に繋げることができます。また、入社後の業績を比較し、選考試験の内容を分析することで、優秀な人材を確保するためには、どういった選考試験を実施すべきかを検討することも可能です。すなわち、より少ない経費、労力で優秀な人材の確保を目指すのがシステム導入の真の目的でもあるのです。最近では、こういったシステムの導入に加え、蓄積されたデータの分析方法や、業種に合った求人広告の作成方法といったノウハウを提供している業者も多数あり、多くの会社で導入されています。

リアルタイムで企業にとって重要なKPIをダッシュボードよりチェックすることができます。 API連携で多くのサービスと繋がり、利便性を高めます。 導入事例として、工数の削減を実現させるためのOutlookとの自動連携がお客様に好評です。 企業の人事担当にとって「ほしい!」と思っていただける多機能採用管理システムです。 人事の求める効率向上の採用管理システムなら